大手工務店「細田工務店」の特徴と口コミ・評判は?

細田工務店

細田工務店の特徴

創業 1947年
資本金 41億8,100万円
年間建築棟数 750棟
商品ブランド数 2ブランド(2018年度)
取り扱い工法 ハイブリッドキューブ工法
施工エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、福島、宮城
保証 35年保証システム
展示場数 1ヶ所

細田工務店は「住まいは暮らしに調和すべき」という考えのもと、家づくりを行う大手工務店です。

そのため細田工務店での注文住宅づくりは、家族一人一人の生活スタイルや希望を細かくヒアリングすることから始まります。

そして営業・設計・工事の各専門担当者たちで編成されたプロジェクトチームで情報が共有され、自社一貫体制によって完成まで進められます。

細田工務店のハイブリッドキューブ工法とは

ハイブリッドキューブ工法は

  • 6面体構造による高耐震工法
  • 繰返しの地震に強い制振性能

を組み合わせた独自工法です。

細田工務店ではこのハイブリッドキューブ工法が標準構造です。

高耐震性能

従来の軸組工法では、床の剛性が低いと変形がしやすいという欠点がありました。

そこで従来の筋かいに加えて、外壁と床・天井に構造用パネルをしっかりと固定した「6面体構造」で地震の大きな横揺れを面で支え、建物を損壊や倒壊から守ります。

住宅性能表示制度:耐震等級「3」を取得できる仕様です。

制震性能

高耐震6面体構造に制振性能を持ちあわせた壁倍率5倍の耐震壁として、国土交通大臣の認定を初めて受けた「延樹・ブランチ」を採用しています。

1枚数の壁で制震性能と耐震性能を発揮できるため、自由度の高い間取りを実現することができます。

細田工務店の商品ブランド特徴比較

木ここち 杢 無垢の床材にこだわったプレミアム仕様
エコサーマル 高気密・高断熱性能の住宅

おすすめのハウスメーカーの探し方

ハウスメーカーの強みは「商品開発力」にあります。

様々なニーズに応えるべく、各社ともオリジナルの商品を持ち、それに伴い坪単価も10万円単位で差が出ます。

保証・アフターサービスの内容も各社それぞれ特徴があります。

そのためハウスメーカーを選ぶ時には、まずはハウスメーカーの資料をまとめて取り寄せ、

どのハウスメーカーの価格帯なら、予算と大幅にかけ離れていないか?

どのハウスメーカーのデザインや機能なら、理想の家を建てられるか?

どのハウスメーカーの保証・アフターサービスなら、家を建てた後も安心して暮らせるか?

と絞り込んでいく流れで探していくのがおすすめです。


ハウスメーカーの特徴比較はこちら→