大手ハウスメーカー積水ハウスの特徴・評判・坪単価は?

積水ハウス

積水ハウスの特徴

創業1960年
資本金2025億9120万円
年間建築棟数1万1898棟(2015年度)
商品ブランド数21ブランド(2017年度)
取り扱い工法
  • ユニバーサルフレーム・システム構法(独自の鉄骨1・2階建て構法)
  • βシステム構法(独自の鉄骨3・4階建て構法)
  • シャーウッド構法(独自の木造住宅構法)
施工エリア全国(沖縄は除く)
保証
  • 瑕疵保証
  • 20年保証
展示場数432ヶ所

»【無料】注文住宅のカタログをもらう

積水ハウスは創業50周年を迎えるとともに、累積建築戸数200万戸を達成した業界No.1のハウスメーカーです。

現在、戸建住宅受注の約7割を占めています。

創業以来「いつも今が快適」な住まいを目指す「生涯住宅思想」を基本姿勢としています。

地球環境保全に対しても先駆的な取り組みを実施し、2008年には環境省から住宅業界で初めて「エコ・ファースト企業」の認定を受けました。

そして2009年には、最先端の環境技術を組み合わせた環境配慮型住宅ブランド「グリーンファースト」を販売開始しました。

住宅業界のトップランナーとして、長く住み継がれる高品質な家を提供し続けています。

大手ならではの安心感が欲しいという場合には、積水ハウスなら業界No.1の実績を誇るノウハウと、豊富な商品ラインナップで、理想の家づくりをサポートしてくれます。

積水ハウスのユニバーサルフレーム・システム構法とは

ユニバーサルフレーム・システム構法とは、独自の鉄骨1・2階建て用構造です。

耐震性や耐風性などの安全性とともに、一棟ごとに異なるプランを提案できる、高い設計の自由度が特徴です。

積水ハウスのβシステム構法とは

βシステム構法とは、独自の鉄骨3・4階建て用構造です。

高さ60mの高層ビルと同じ耐震基準で設計された高い安全性能と、すぐれた敷地対応力が魅力です。

各階で自由に間取りをプランニング可能なので、敷地対応はもちろんのこと、多世帯同居、賃貸併用、店舗併用などフレキシブルに家づくりができます。

積水ハウスのシャーウッド構法とは

シャーウッド構法とは、独自の木造2・3階建て用構造です。

木造住宅に求められる高い耐震性や高い耐久性などの安全性と、より自由度の高い設計を両立させています。

創立50周年を記念して発売された商品ブランド「ザ・グラヴィス」は、環境配慮型住宅グリーンファーストの考え方に基づく空間提案や、木質感を生かした様々なアイテムにより、シャーウッドらしさをさらに進化させた家となっています。

積水ハウスの坪単価

平均坪単価平均棟単価
積水ハウス79.0万円3,344万円

(参照:住宅産業新聞)

積水ハウスの商品ブランド特徴比較

ユニバーサルフレーム・システム構法
平屋の季洗練された平屋
イズ・ステージ積水ハウスの最高級ブランド
イズ・ロイエ重厚感、上質感、空間性、デザイン性を盛り込んだ次世代型の家
イズ・ロイエ・コージースタイル3つの空間スタイルで居心地の良いくつろぎの空間を実現
ビー・サイエ四季を感じられる創業50周年記念ブランド
ビー・モード卓越した設計自由度によるオンリーワンの家
ビー・モード・ジェント大きく緩やかな勾配屋根で環境性能を高めた家
βシステム構法
ビエナ光と風をデザインした3・4階建て住宅
ベレオ・プラス多用途の3・4階建て住宅
シャーウッド構法
里楽シンプルな木造の平屋
グラヴィス・ステージ最高クラスの木造住宅
グラヴィス・ヴィラ洋の心地良さを取り入れた木造住宅
ザ・グラヴィス木の質感を感じられる創業50周年記念ブランド
縁の家美意識や自然観を取り入れた和の邸宅
グラヴィス・ベルサ木と土のぬくもりを感じられる家
グラヴィス・リアン光や風を感じられる家
モデラーレあなただけのオンリーワンの木の家
ルーモア2階建ての中間層に設けた「セントラル収納」を備えたスマートな家
いおり五感が目覚める家
いおりアーキテクトライン設計者の発想に暮らす家
マキシオ3階建ての木造住宅

おすすめのハウスメーカーの探し方

ハウスメーカーの強みは「商品開発力」にあります。

様々なニーズに応えるべく、各社ともオリジナルの商品を持ち、それに伴い坪単価も10万円単位で差が出ます。

保証・アフターサービスの内容も各社それぞれ特徴があります。

そのためハウスメーカーを選ぶ時には、まずはハウスメーカーの資料をまとめて取り寄せ、

どのハウスメーカーの価格帯なら、予算と大幅にかけ離れていないか?

どのハウスメーカーのデザインや機能なら、理想の家を建てられるか?

どのハウスメーカーの保証・アフターサービスなら、家を建てた後も安心して暮らせるか?

と絞り込んでいく流れで探していくのがおすすめです。

»【無料】注文住宅のカタログを取り寄せる

タイトルとURLをコピーしました