ハウスメーカー「レオハウス」の特徴と口コミ・評判は?

レオハウス

レオハウスの特徴

創業2006年
資本金3億円
年間建築棟数1807棟
商品ブランド数2ブランド(2018年度)
取り扱い工法木造軸組工法
施工エリア全国(北海道や沖縄など一部地域を除く)
保証
  • 完成保証
  • 瑕疵保証
  • 地盤保証
展示場数43ヶ所

レオハウスといえばローコスト(適正価格)で注文住宅がつくれるのが特徴。

本体価格の坪単価は25万8000円〜という低価格で自由設計の家がつくれます。

世帯年収が300万円前後の家族にも、ゆとりを持った返済額でマイホームが持てると人気です。

ローコストと言っても「安かろう悪かろう」ではありません。

親会社である東証一部上場のナックでは、古くから地域工務店を活性化させる「建築コンサルティング事業」を行ってきた実績があります。

そのノウハウを駆使した

  • 設計や建材、施工などの標準化
  • 建材や建具の大量発注
  • 業者への支払を現金にすることで、大手建材メーカーなどから特別価格で提供を受ける

などにより、ローコストを実現しています。

実際、オリコン顧客満足度ランキング(2018年)での「金額の納得感」では第1位を獲得しています。

レオハウスの標準仕様とは

ローコストとは言っても侮るなかれ。

お風呂やキッチン、トイレや洗面所なども、充実した設備機器が標準仕様となっています。

標準仕様
設備機器メーカー
キッチン ASLIXIL
ユニットバス アライズLIXIL
洗面化粧台 PVLIXIL
トイレ ベーシアLIXIL
半畳縁なし畳大建工業
カーテンレールトーソー
照明ダウンライト(居室以外)パナソニック
インターフォンパナソニック
分電盤パナソニック
ガス給湯器 エコジョーズ リンナイ
第三種換気システム大建工業
火災報知器パナソニック

さらにオプションをつければ、IHクッキングヒーターやエコキュートなどでオール電化生活も可能です。

レオハウスの商品ブランド特徴比較

大人気の家CoCoベーシック(基本仕様)に、こだわりの「テーマ」を組み合わせる、自由設計の注文住宅
大人気の家CoCo Life「プラン」「カラー」「仕様」をそれぞれ選びながら建てる家

おすすめのハウスメーカーの探し方

ハウスメーカーの強みは「商品開発力」にあります。

様々なニーズに応えるべく、各社ともオリジナルの商品を持ち、それに伴い坪単価も10万円単位で差が出ます。

保証・アフターサービスの内容も各社それぞれ特徴があります。

そのためハウスメーカーを選ぶ時には、まずはハウスメーカーの資料をまとめて取り寄せ、

どのハウスメーカーの価格帯なら、予算と大幅にかけ離れていないか?

どのハウスメーカーのデザインや機能なら、理想の家を建てられるか?

どのハウスメーカーの保証・アフターサービスなら、家を建てた後も安心して暮らせるか?

と絞り込んでいく流れで探していくのがおすすめです。


ハウスメーカーの比較ランキング→

タイトルとURLをコピーしました