家を建てるタイミングは子供が小学校に入学する前がベストだった

理想の家を建てたイエ子

理想の家を建てたイエ子
家を建てるタイミングはいつが良いのでしょうか?

今回はお子さんが小学校に入学する前のタイミングで家を建てることに決めたパパさん(当時41才)にお話を伺いました。

子供が小学校に入学する前が家を建てるタイミングとなった

うちには子供が二人いるのですが、どちらも男の子です。

二人とも大きくなってきて、当時住んでいた賃貸アパートでは手狭になってきました。

またケンカはするし、家の中で飛び跳ねて遊ぶようになり、隣や下の部屋の人に迷惑がかかるようになってきました。

そこで学区の問題もあるので、二人が小学校に入学する前に家を建てることに決めました。

なぜ建売住宅を購入するのではなく、注文住宅で家を建てようと思ったのか

最初は一軒家の賃貸や中古住宅でもいいかなと思いましたが、実際にそれらを見学すると、予想以上に設備が古い割に家賃や値段が高くてやめました。

次に新築の建売住宅を見学しましたが、どの住宅も間取りがあまり機能的ではないと感じました。

また子供部屋の配置や収納スペースの機能について、自分たちが思い描いていたものとかなり違っていました。

設備的には最新のものが備え付けられていましたが、実際に住むと不便に思うところが沢山あるだろうなとも感じました。

そこで、どうせ住むのだったら、多少値段は高くなるかもしれないが、これから先長い間住み続けることを考えて、自分たちが納得できる家に住みたいと思って、注文住宅で家を建てようと決めました。

どこのハウスメーカー/設計事務所/工務店に依頼しましたか?

我が家はミサワホームにお願いしました。

いくつかのハウスメーカーのモデルハウスを見学した時に、私たち夫婦にとってミサワホームのモデルハウスが一番理想的で素敵だと意見が一致したことが、最大の決め手になりました。

ミサワホームで注文住宅を建てた感想

私たちの要望や希望とする間取りや収納などについて、ほぼ要求通り叶えてくれました。

もちろん予算との兼ね合いはありましたが、代替案やプロならではのアイデアを提案してくれたので、私たち夫婦が思い描く理想の家づくりができて非常に満足しています。

週に1回のペースで家づくりのための打ち合わせをしていたので、その期間はなかなか子供たちを遊びに行かせることができず、子供たちからは不満をたくさん言われました。

ただ打ち合わせ場所にはキッズスペースがあり、おもちゃも沢山用意されていて、保育士さんが子供の面倒を見てくれたりしたので、非常に助かりました。

注文住宅で家を建てるにあたり、一番大変だったことは?

家を建てるにあたって一番大変だったのは、家を建てるための土地探しです。

市街地から離れれば離れるほど土地の値段は安くなりますが、当然生活をする上では不便になります。

しかも子供の学校の学区のこともあるので、子供の通学にかかる時間のことを考えると、ある程度街中である必要があります。

私たちが住みたいと思っていた地区は、なかなか住宅用の土地が新たに出にくい場所だったので、土地物件がなかなか見つからずに苦労しました。

自分たちで不動産屋を見て回ったり、知り合いに聞いたりと、様々な手を尽くして土地情報を収集しましたが、すぐには良い土地は見つかりませんでした。

ただハウスメーカーの営業の方が色々と土地情報を持っており、親身になって調べてくれたおかげで、最終的には最適な土地を購入することができました。

これから注文住宅で家を建てようと検討しているあなたへ

建売住宅や中古住宅でも良いのですが、注文住宅で家を建てる最大のメリットは、自分たちの理想とする家をつくることができる点です。

しかも世の中に一つしかない自分たちの家なので、思い入れもかなり違います。

家づくりの最中は打ち合わせや事務的な手続きなど大変なことも多くありますが、色々と夢を描きながら家づくりを楽しめます。

そして将来、家づくりのことを振り返ると、夫婦二人にとって、きっと良い思い出になっているはずです。


主要ハウスメーカーの比較→

【都道府県別】注文住宅の費用相場→